漫画の描き方研究所 ~嫁を漫画家にするぞ!~

「現役国語塾講師のブルボン」が「漫画家志望の嫁」と面白い漫画の描き方を模索していく日記ブログです。

漫画の描き方(感動するマンガの描き方編)

こんにちは、ブルボンです。

 

 

 先日、漫画家志望の嫁から、

 

 

夏目友人帳みたいな感動できる

話って、どうすれば描けるかな?」

 

  

と言われました。

 

 

今回は映画やドラマではなく、

ゲームを題材に

 

 

 マンガで感動できる

話の作り方を

考えたいと思います。

 

 

 ということで、今回は

こちらを実際に嫁に

プレーしてもらいました。

 

 

  

ドラゴンクエストⅣ×マンガ

f:id:youerlangjincheng:20160513001632j:plain

ドラゴンクエストⅣ(DS)を使用 

 

ホイミンというキャラクター

夏目友人帳ドラゴンクエストⅣ、

 

  

なぜこの組み合わせかと

思われる方も多い

のではないでしょうか。

 

 

あなたは、

 

  

ホイミン

 

  

というキャラを

ご存知でしょうか。

 

 

f:id:youerlangjincheng:20160513002524j:plain

↑ ホイミン

 

  

ドラクエⅣ序盤に現れる

ドラクエ史上初の

 

 

  

「仲間になるモンスター」

  

 

の名前です。

   

 

このホイミン、隠れた

名エピソードがあるのを

ご存知でしょうか。

 

  

ホイミンに関する

ストーリーは

複数の公式小説、

非公式小説等で

 

 

 

さまざまですが、

  

 

筆者ブルボンが

気に入っている

 

 

ホイミンのエピソード

 

 

を紹介させて

いただきます。 

 

 

おじさんとホイミンの組み合わせ

 

ドラゴンクエスト

第1章の主人公、

王宮の戦士ライアン

f:id:youerlangjincheng:20160513164246j:plain

 

 

の仲間になる

モンスター、

それがホイミンです。

  

 

ご覧んの通り、

ライアンは肉体派

であり、

 

  

厳格な雰囲気を

出している

怖そうなおじさんです。 

  

 

かなり力があるので、

ゲーム中でも

たいていのモンスターは

一人で倒せてしまいます。 

 

 

しかし、ライアンは

呪文が使えません。

 

  

つまり、戦闘で傷ついても

自らを回復する手段は

街に帰って宿屋で

回復するか、

  

 

いちいち「薬草」

を使う以外にありません。 

 

 

洞くつの中でもHPが

なくなってきたら

いちいち宿屋に

帰ったり、

 

  

 

お金を出してわざわざ

薬草を買って、

 

 

 

残りの薬草の数を

計算した上で

冒険を続けなければ

なりません。

 

 

ゲーム初心者の嫁は、

そのやりくりに

毎回苦労していました。 

 

 

そんな中、突如井戸のなか

に現れたのが、 

 

f:id:youerlangjincheng:20160513170318j:plain

 

ホイミンです。

 

 

どうやら、近くの村の

女の子(子ども)を

お嫁さんにもらいたいから

 

 

頑張って人間の言葉を覚え、

いつか人間になりたい

そうなのです。

 

 

「はい」を選べば、

無事仲間になり、

呪文でケガを回復

してくれます。

 

 

ライアンの旅は格段に

楽になり、

 

 

ホイミン

ゲーム中で話せる

ようにもなります。

 

 

そのホイミンのセリフが

純粋で、

人間と友達になれたことを

心から喜んでいて、

 

 

ライアンさんを心から

尊敬していることが

読みとれます。

 

  

例えば、

 

 

「ライアンさん!ライアンさん!

えへへ、呼んでみただけ」

 

 

や、

 

 

「人がみんなライアンさん

みたいな人だったらいいのになぁ~」

 

 

や、

 

 

「パンって人間の食べ物だよね?

ぼく、パン食べたい!」

 

 

そして、

 

 

「ライアンさん、ぼくと

同じホイミスライムが出てきても、

情けをかけちゃ駄目だよ!」

 

 

など、どんどん

話しかけてきてくれます。

 

 

ものすごくライアンさんに

なついていて、

 

 

 

ものすごく純粋で

本当に人間に憧れている

モンスターだ

ということがわかります。

 

 

応援したくなる、これは他の記事でも書きましたが、シナリオ構成で最も大切な要素の一つです。

 

 

ホイミンの純粋さがものすごく彼の夢を応援したくなる気持ちにさせます。

 

   

その後のホイミンの謎

その後、第一章のボスを倒し、

城に帰る道中でホイミン

話しかけると、

ホイミンはこう答えます。

 

 

「ぼく、まだ魔物だから

お城では暮らせないね・・・」

 

  

さらに話しかけると、

   

 

「任務を果たしたんだから

ライアンさんはお城の仕事に

戻っちゃうんだよね・・・」

 

 

もっと話しかけると、

 

 

「ぼく、人間になるための旅を

続けようと思う。ライアンさんも

よかったら・・・

ううん、何でもないよ。」

 

 

ホイミンは寂しそうです・・・。

 

 

2人でお城に戻り、

ライアンは王に

 

 

世界を救う勇者を守るために

勇者を探す旅に出たい

 

 

と伝えます。

 

 

そして、王はライアンの

世界の行く末を考えた

お深い考えを受け入れ、

 

 

旅立つことを許します。

 

 

そして、ここで第1章、

つまりライアンと

ホイミンの話は

終わってしまいます。

 

 

その後、気になるのは

2人がどうなったかです。

 

 

次にライアンがゲーム中に

出てくるときは、第3章です。

 

 

f:id:youerlangjincheng:20160514154717j:plain

 

 

・・・!

 

 

ホイミンがいません!

 

 

あの後、一緒に旅だったんじゃ

なかったの!?

  

 

嫁がストーリーそっちのけで

ホイミンのことを

ずっと心配していました。

 

 

その後、

 

 

嫁が心配していると 、

勇者の話である

第5章(最終章)の

中盤で気になる場面があります。

 

f:id:youerlangjincheng:20160514155437j:plain

  

 

「!!」

   

 

キングレオの城の中に

つれてゆかれた

ライアンさまを

 

 

助けてやってくれと

勇者に頼んできます。

 

 

人の姿だけど、

名前といい、セリフといい、

やっぱりあのホイミン

 

 

となります。

 

   

そして、

中のボス(ものすごく強い)を倒し、

城の外に出てくると、

 

 

ホイミンは勇者に

こう言います。

 

 

 「さきほどライアンさまがうれしそうに外に出て行くのをお見かけしました。」

 

 

「ライアンさまにどうかぶじで旅を続けられますようお伝えください。」

 

 

「そして、ホイミンがとても感謝していたと・・・。」

 

 

嫁は、

 

「ライアンさんに会っていきなよ!」

 

となっていました。

 

 

実は、ゲーム中だと

2人のこれ以上の情報は

描かれていません。

 

 

第1章の後、なぜライアンは

一人だったのか。

 

 

なぜホイミンは人間になれたのか。

 

 

なぜホイミンは自分で直接ライアンさんに感謝の気持ちを伝えていかなかったのでしょうか。

  

 

嫁も 気になって仕方がない

という感じでした。

   

 

小説で描かれたその後のホイミン

第1章後の二人のことは、

いくつかの公式や非公式の

「小説」で描かれています。

 

 

先に述べたとおり、

筆者ブルボンが

気に入っている

エピソードで

  

 

 

ホイミンにまつわる

エピソードの要点を簡単に

紹介させていただきます。

 

 

ホイミンは、

第1章が終わった後も

 

 

ライアンとしばらく

一緒に旅を続けていた

そうです。

 


しかし、

エンドール(第3章でライアンが一人でいた街)

を目前に勇者を探す旅をしている

ライアンをモンスターが

脅威に思い始末しに現れます。

 

   

その時、

敵モンスターが

ライアンに放った

 

 

強力な呪文(メラミ)

ホイミンがかばって

受けてしまいます。

 

 


その呪文でホイミンは死んでしまい、ライアンは涙ながらにホイミンを埋葬して、一人旅立って行きます。

 

 

つまり、ゲーム中で

その後なぜか

ホイミンを連れていなかった

のは、

 

 

第3章の街に着く直前に

ホイミンを失っていたから、

ということです。

 

 

なぜ人間になれたのか?

しかし、ホイミンの話には

続きがあります。

 

 
ドラクエの世界では、

死んで魂となった者は

 

  

天国と地獄の狭間にいる老人

の元に必ず行く

と言われています。

 


ホイミンの魂も

その老人の元へ行き、

ホイミン

  

 

「生まれ変わったら人間になりたい」

 

 

と伝えたら、

 


その老人は

 

 

「魔物は生まれ変わっても魔物。何があっても人間に生まれ変われない」

  

 

と言います。

 

 

しかし、

 

 

「人間に生まれ変わらせることはできないが、人間として生き返らせる方法がないわけではない。」

 

 

と言います。

 

 

そのとき 、ホイミン

キングレオの城

(ライアンが連れて行かれた城)

の中で行われている

 

 

進化の秘法の実験用に

集められた人間達を

見せられます。

 

 

その中で、

実験の結果変わり果てた

みじめな姿となってしまった恋人

を見て、

 

 

あまりのショックで

死んでしまった

身体は綺麗な人間の姿

のままの遺体がありました。

 



老人は言います。

 

 

「その男の身体は、

死んでからさほど時が

経っていない。

 

 

お前の魂を

その男の身体に

入れれば

 

 

人間の肉体を

与えることができる」

と。

 


ホイミンは悩みますが、

 

  


「その人の身体は

いりません。

 

 

その人の魂を

元の身体に戻して

あげてください」

と答え、

 

 

人間になるチャンスを

棒に振ります。

   


それ聞いた老人は、

 

 
「なんと、

人間として生きるに

ふさわしい!

 

 

もし誘いに乗っていれば

未来永劫地獄の業火の中で

苦しむことに

なっていたぞ。

 

 

自分よりも

他人を思いやる気持ち、

忘れるでないぞ」

と伝えます。

 

 

 
こうして老人は男の

身体にホイミンの魂を入れ、

ホイミン

人間の身体を手に入れました。

 


その後、

キングレオの城で目を覚ました

ホイミンは、

 

 

 

城内に連れて行かれる

ライアンの姿を見ます。

 

 

 

蘇ったばかりで、しかも人間に

なったばかりで、

 

 

 

非力なため何もできない

ホイミン

 

 

通りかかった旅人(勇者一行)に

すがるしかなかったのでしょう。

 

 

 

 

キングレオの城の中につれてゆかれたライアンさまを助けてやってください。」と。

 

 

そして、勇者がボスを倒して、

城から出てきたライアンを

見ても話しかけず、

 

 

 

勇者たちに感謝の気持ちを

伝えて欲しいと言って

寂しそうにしていたのは、

 

 

  

嬉しいそうにしている

ライアンを見て、

やっと探し求めていた

 

 

「勇者」

 

 

に会えたことを察し、

死んだはずの 

「モンスターの名前」 

を名乗るのは、

 

 

これから

世界を救う旅に出る

ライアンの邪魔になると

考えたのでしょう・・・。

 

 

ホイミン・・・

 

 

ライアンとホイミンの再会

その後のホイミン

ことはゲーム内でも

公式小説内でも

描かれていません。

 

 

 

ですので、非公式の小説を

引用させていただきます。

 

 *引用先 ↓

http://homepage3.nifty.com/tbd-bake6022/treasurebox/DQ/sora-saikai.html


勇者一行の一員として、

帝王を倒す旅より帰還して

数日後、

 


ライアンは、以前と同じように

城の周辺の巡回を行なっていました。

 

 


森を駈け、洞窟を抜けて

ホイミンが思いを寄せていた

女の子が住むイムルの村近くの

平原へと出ます。

 

 


澄みわたる空、心地よい風、

平和な世界が訪れていました。

 

 

 
「小さな友人」

 

  

が教えてくれた、花の香りを

かぎながら、草原を進みます。

 



その時、

 

 

「ライアン殿・・・」

 

 

やや甲高い声がライアンを呼びとめました。

 

 

その声の主は、額には吟遊詩人

であることをしめすサークレット

をしていました。

  

 

空をまんまるく

切り取ってきたかのような、

澄んだ青い瞳。

 

 


ライアンは馬上から飛び降り、

どこかおどおどした様子の

少年に声をかけます。 

 

 


「そなたは・・・ホイミン?」

 

 


ホイミンと呼ばれた

その少年は、

子供のように

顔を輝かせました。

 

 


そして、彼、ホイミンは、
村で教わった

  

 

「オトナのニンゲンのコトバ」

  

 

も旅でつちかった詩人らしい

落ちついた物腰も忘れて走り出し、

 

 


「ライアンさん!」

 



とライアンの左の肩当に

かじりつきました。

 

 


あの冒険の時と同じように・・・。

 



「わ~い、よかった!

わかってもらえて。

 

 


あのね、僕、ライアンさんに

すごく会いたかったんだ。

 

 


でもね。ほら、

僕、人間になっちゃったでしょ?

 

 


だから、もしライアンさんに

会えても、

わかってもらえなかったら

どうしようかって

 

 

ずっと心配もしてたの。

 

 

だからね、ライアンさんが

僕をわかってくれて、

すごくうれしいんだ!」

 

 


ひとしきり喋った彼は、

懐かしそうにライアンを

見上げ、

 

 

その瞳を驚きでいっそう丸くします。

 

 

「あれ?ライアンさん?

どうしたの?

 

 

どうして泣いているの?

 

 

何か哀しいことがあったの?

それとも、どこか痛いの?

 

 

待ってて!

僕、まだ回復呪文使えるんだよ!

 

 


今、痛い所を治してあげるから!」

  

 

早速、右手を挙げて

呪文の詠唱に入ろうとする

ホイミン

  


しかしライアンは、

ポンッと彼の頭を優しく

叩いてそれを止めます。 

 

 


「違う、ホイミン

そうじゃないんだ・・・。

   

 

どこも痛くない・・・。

大丈夫だ・・・。 

 


さ、それより、

お前の話を聴かせて欲しい。
今、どうしているんだ?」

  

 


「うん!あのね、僕…」

 

 

青空にホイミンの声が渡ります。 




やがて、ふたりは並んで

イムルの村へと向かっていった。

 

 

誰もいなくなった平原に
風がホイミンの嬉しそうな声を運んで・・・

 

 

「ライアンさん、ライアンさん・・・」

 

以上です。

 

 

ホイミンについて話をするために、

ゲームをろくにやったことがない

嫁に、

 

  

ゲームをクリアさせ、

小説を読ませ、

そして話を聞かせました。 

 

 

嫁、大号泣です!

 

 

ホイミン夏目友人帳

さて、ずいぶん遠回りして

しまいましたが、

今回の話は

 

 

夏目友人帳みたいな感動できる話って、どうすれば描けるかな?」

   

 

でした。

 

 

筆者ブルボンが思うに、

感動のツボはいろいろ

あると思いますが、

 

 

「人間以外の者との友情」

 

 

これが鉄板ネタだと考えています。

 

 

夏目友人帳は妖怪(あやかし)の

友情、愛情等が描かれています。

  

 

人間ではない、何を考えているのか

わからない者が

思いを寄せてくる、

   

 

これは泣けます!

  

 

例えば、ワンピースでゴーイングメリー号に火をつけて、船員で船を埋葬するシーンがあります。

 

 

あれは、泣けました。

 

 

人間では ない者の友情、愛情・・・

 

 

これは人間の心に

うったえるものが

あります。

 

  

まとめ

 

今回の 「ドラゴンクエストⅣ×マンガ」

で学んだこと、

 

 

それは

 

・人間ではないものとの友情を描くと感動する

 

 でした。

 

 

 

デビュー目指して頑張ります!

 

2.5次元ミュージカル特集