漫画の描き方研究所 ~嫁を漫画家にするぞ!~

「現役国語塾講師のブルボン」が「漫画家志望の嫁」と面白い漫画の描き方を模索していく日記ブログです。

漫画の描き方(みんなが好きなシチュエーション編)

 

こんにちは、ブルボンです。

 

 

漫画家志望の嫁の描くマンガには

たまに面白い回があります。

 

 

理由はネタや設定ではなく、

「シチュエーション」

が好きな話だったからです。

 

 

ということで、

今回はこちらの作品を使って

シチュエーションについて

学びたいと思います。

 

 

 

 魔法陣グルグル×マンガ

 

 

f:id:youerlangjincheng:20160517171556j:plain

魔法陣グルグル(TVシリーズ第1話~38話参照)

 

自分の好きなシチュエーション

 連載や読みきりが続くと、

さまざまなシチュエーション、

つまり「場面」が

必要となってきます。

 

 

嫁のマンガの内容で、

好きな人に告白する場所が

「荒廃したビル」

というシーンがありました。

 

 

珍しく背景もよく描けていて、

見ごたえのある話でした。

 

 

今回のお題に選んだ

魔法陣グルグル

は筆者ブルボンが好きなシチュエーションが

多く描かれています。

 

 

例えば、まず最初に

魔王を倒す冒険に出る前に

装備を整えるシーンがあります。

 

 

武器を買う、装備をそろえる、

つまり「買い物に行く」というシーン

筆者ブルボンはなぜか昔から好きでした。

 

 

スラムダンク」で体育館履きが

破れてしまったので

新しいバスケットシューズ

買いに行く話がありました。

 

 

スラムダンク

大好きな作品ですが、

試合ではないエピソードなのに

いまもしっかりと覚えています。

 

 

ドラゴンクエストダイの大冒険」や

ドラゴンクエストロトの紋章」でも、

新しい剣や鎧に買い換えるシーンがあります。

 

 

ドラクエならではの「戦闘シーン」

があるエピソードではないにも関わらず、

いまだに好きな話の一つとなっています。

 

 

筆者ブルボンが魔法陣グルグル

好きなシチュエーションは他にもあります。

 

 

それは、ダンジョン」の話です。

街や草原、森の中での冒険と

たくさんのシチュエーションがあります。

 

 

しかし、なぜかダンジョンや塔に

臨むエピソードは

毎回ドキドキして観てしまいます。

 

 

孤独のグルメ」等の影響で

「食」のマンガが

再びブームとなっています。

 

 

その「食」と筆者ブルボンが好きな

シチュエーションである「ダンジョン」

が合わさった作品、 

 

 

ダンジョン飯」はわずか数巻しか

出ていないのに大ヒットを記録しています。

 

 

当然モンスターを食べという設定が

面白いのが「ダンジョン飯

という作品なのですが、

 

 

もしモンスターを食べる行為を

ダンジョン内ではなく「草原」だったら、

また作品の印象は

大きく変わっていたのではないでしょうか。

 

 

おそらく「ダンジョン」

というシチュエーションは、

筆者ブルボンだけでなく

もともと一般的に好まれている

シチュエーションだということだと思います。

 

 

ダンジョンや塔を舞台にした

ヒット作品は、

 

ソードアートオンライン」や

ドルアーガの塔」、

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

 

などがあります。

 

 

ダンジョン、塔マニアの

筆者ブルボンは

ついつい全作品を観てしまいました。

 

 

ここまでで言いたいことは、

一般的に好きなシチュエーション、

みんなが好きなシチュエーション

しっかり押さえておくことが

人気やヒットの要因になるのでは、

ということです。

 

 

筆者ブルボンが好きなシチュエーション

他にも筆者ブルボンと

漫画家志望の嫁が好きなシチュエーションを

少し挙げさせていただきます。

 

 

仲の悪いライバルが

何かをきっかけに

手を取り合うシチュエーションが好きです。

 

 

例えば、

 

ドラゴンボールの「悟空とベジータ(ピッコロ)」や

ルパン三世の「ルパンと銭形警部」、

遊戯王の「武藤遊戯海馬瀬人

 

などです。

 

 

そして、普段はいがみ合ってばかりいる二人が、

いざ共闘したときに「相手の力を認めてしまう」

なんて場面があるとさらに好きです。

 

 

他には、「深夜の町を徘徊する話」が好きです。

マツコデラックスさんが

深夜を徘徊する番組をなさっていますが、

 

 

アニメ作品を挙げさせていただくと、

例えば「FATE/STAY NIGHT」や

頭文字D」が好きです。

 

 

あまり深夜に出歩くことがないから

観ていてドキドキするのでしょうか。

 

 

あとは、最後に挙げさせていただくと、

なぜか「廃墟や荒廃した町」

 が出てくる話が好きです。

 

 

例えば、

北斗の拳」や

ドラゴンヘッド」、

化物語(傾物語)」などです。

 

 

当然、世界が滅んでしまったら困りますが、

マンガの中だからこそ

「ありえない世界」に惹かれるのでしょうか。

 

 

 まとめ

今回、「魔法陣グルグル×マンガ

で学んだこと、

 

  

それは

・好きなシチュエーションを覚えておこう!

 

 

ということでした。

 

 

デビュー目指して頑張ります!

 

2.5次元ミュージカル特集