読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画の描き方研究所 ~嫁を漫画家にするぞ!~

「現役国語塾講師のブルボン」が「漫画家志望の嫁」と面白い漫画の描き方を模索していく日記ブログです。

漫画の描き方(カッコいい男性キャラの描き方編)

 

こんにちは、ブルボンです。

 

 

先日、漫画家志望の嫁に、

 

  

「カッコいい男性キャラの描き方に

煮詰まったから、何かネタをちょうだい」

 

 

と言われました。

 

  

話を聞いていると、見た目や

デザインではなく、

 

 

女の子が好きな「男子」

を模索している様でした。

 

  

というわけで、今回はこちらになります。

 

 

 

 

タイタニック×マンガ

 

 

f:id:youerlangjincheng:20160504195405j:plain

 

カッコいい男性キャラの描き方 

言わずと知れた、

レオナルド・ディカプリオ

出世作です。

 

 

男臭さやダンディズム、

紳士や信念を持っている、

 

 

いろいろなカッコいい男の

定義があると思います。

 

  

見た目ではなく中身の男前、

 

  

そうなるとタイタニック

どうなのだろうと考える方も

いらっしゃるかも知れません。

 

  

何せタイタニックのときの

ディカプリオは

他の自身出演作より

一層イケメンですから。

 

  

おそ松さん」の大ヒットの

特集で、ヒットの理由を

 

 

「世間はイケメンに

飽きたからでは?」

 

  

と書いていた記者の方がいました。

 

 

いろいな意見があるとは思いますが、

それはあるな、と考えました。

 

 

例えば、「24~TWENTY-FOUR~」、

主人公のジャック・バウアー

もし身長185cmの足長で細マッチョ、

 

 

さらにハリウッドスターだったら

おそらく印象は大きく変わっていた

と思います。

 

  

例えば、「踊る大走査線」、

主人公を織田裕二ではなく

  

 

現代の人気若手

イケメン俳優が演じたら・・・

 

 

やっぱりあの爆発的な大ヒットが

生まれたかどうか、

 

 

疑問を覚えます。

 

 

筆者ブルボンは、個人的には

ジャック・バウアー役の

キーファー・サザーランド氏と

 

 

織田裕二氏はものすごくカッコいいと

考えています。

 

 

顔も整っていますし、演技も大好きです。

 

  

しかし、彼らの人気は顔ではないと

考えています。

 

  

劇中で描かれている役の

性格や生き方を

 

  

彼らがしっかりと演じられて

いるからだと考えています。

 

 

でも、こう書くと結局

 

 

「なぜタイタニック

 

 

と考える方も多いと思います。

 

  

イケメンだとカッコいい男は描けないのか

そこで、タイタニックです。

 

 

嫁に観てもらった感想です。

 

  

「女の子が好きな男子ってこれなんだよね・・・」

 

 

 でした。

 

 

以前 、ジブリの「耳をすませば」を

一緒に観て、

 

 

バイオリン職人を目指す

聖司(せいじ)くんって

結構女子から人気あるんだよね

 

  

と言っていたことを

覚えていました。

 

  

どうしてかと聞くと、

こう答えました。

 

 

 

少女マンガを読むような

小学生くらいの少女たちは、

 

 

 

雫(しずく)ちゃんみたいに

素直になれない女子が

多くて、

 

 

 

男子との間に壁を作っている

子が多いそうです。

 

 

 

だから、最初は男子とは

喧嘩ばかりしていて、

いがみ合ってばかり。

 

 

 

でも、女の子は徐々に

よくクチ喧嘩をする男子

のことが気になり始めて、

 

 

 

でもそれが恋だと気づかなかったり、

周りの目が気になったり、

素直になれなかったりして、

 

 

 

結局想いを伝えられずに

その男子とは

 

 

 

クラス替えや中学校に

進学して疎遠になっていって

 

 

 

それで終わりに

なってしまうのだそうです。

 

 

確かに・・・なんとなく

分かる気がします。

 

 

だから、耳をすませば

聖司くんは

 

 

 

イケメンでカッコつけていて、

髪が長く、

何かアートをたしなんでいて、

最初は喧嘩ばかりしているけど、

 

 

 

「最後は全身で愛をぶつけてきて

くれる男子」

 

 

だから、奥手の女子は心のどこかで

そんな男子に

憧れているのだそうです。

 

 

なるほど・・・

 

 

今回その話を思い出して

近い設定のキャラを考えてパッと

浮かんだのが

 

  

タイタニック

 

 

でした。

 

 

女の子が好きな男子、

これを抑えないことには

 

 

カッコいい男性キャラ

は描けないと考えました。

  

 

 

タイタニックのジャック・ドーソンはなぜカッコよく見える?

では、タイタニック

レオナルド・ディカプリオ

が演じた、

 

  

ジャック・ドーソン

 

  

について考えてみます。

 

 

女子が惹きつけられる

ジャックのポイント、

まずは、

 

 

「身分の差」

 

 

です。

 

 

貴族のヒロインと

貧乏な画家、

 

 

このフレーズだけでも

十分グッときます。

 

 

さらに、親の都合で

愛のない結婚を強要され、

 

 

 誰が見てもイラつきを

覚える親が用意した

婚約者との悲恋・・・。

 

  

身分の差をものともせず、

DVを振るう婚約者から

ヒロインを奪いに行く

 

 

ジャック・ドーソン・・・

 

 

世界中の女子が

ディカプリオを

応援してしまった映画

だったと思います。

 

  

ヒロインを

救い出してあげて・・・と。

 

 

イケメンなのに貧乏、

貧乏だけど自由で

 

 

世界の広さを

教えてくれる男子、

 

 

完璧です。

 

 

しかし、実はジャックは劇中で

あまり頼もしく描かれていません。

 

 

 貧乏だからこそ格好だけでも

取りつくろおうとして

コートを盗んでしまい

 

 

 あっけなく捕まってしまいます。

 

 

 その捕まって

閉じ込められてしまった

ジャックを

 

 

沈み行く船の中

海水をかきわけて

助けに行くのが

 

 

 ヒロインの「ローズ」

 

 

 です。

 

 

ヒロインの「ローズ」とはどんな女性?

救出シーンは、

ドレスを着た貴族の令嬢が

 

 

びしょびしょになった姿で

斧を振りかぶって

 

 

一撃で手錠を切断する

というすごいシーンです。

 

 

酒の飲み比べのシーンでは

男性は飲みすぎて

酔いつぶれて倒れてしまいますが、

 

 

 ローズはその後も

大笑いしながら

まだまだ飲めると言わんばかりに

 

 

 酒を飲み続けます。

 

 

 どれも貴族の令嬢なのに、

上品どころか

男らしく描かれています。

 

 

本来だったらジャックが 

水の中ローズを助けに行き、

 

 

酒の飲み比べでも

ジャックが大男を倒す、

 

 

くらいで描かれていても

いいはずです。

 

 

にも関わらず、

そう描かなかった理由とは

何でしょう。

 

 

男性キャラがカッコよく見せたいなら

 

ジャックを頼りがいのある男に

 

描かなかった理由、

 

 

それは、「ジャックとローズ」

 をみんなが応援したくなる

ための

 

 

「技」

 

 

だからだと考えます。

 

  

身分を捨て、裕福な生活を捨て、

家族や家柄のしがらみを

振り払い、

  

 

女性らしさや貴族の

振る舞いもお構いなしに

  

 

ボロボロになってまで

愛する者の元へ行く・・・

 

  

誰もが応援してしまいます。

 

  

そして、ローズがそうまでして

再会したいと思わせる

  

 

ジャックという男・・・

 

 

頼りないはずの男が

ローズの行動で

 

 

すごく「いい男」に

感じられてしまいます。

 

  

つまり、

 

 

カッコいい男性キャラ

 

  

を描きたいのなら、

 

  

ヒロインに頑張らせろ!

 

  

です。

 

 

カッコいい男性キャラを描くとき、

どうしても男性キャラの

 

  

ビジュアルや性格ばかり

を考えてしまいます。

 

  

しかし、ヒロイン役の

女性が相手の男性を

 

 

どれくらい想っているか、

その人のために

どの様な行動を起こせるか、

 

 

それで男性キャラのカッコ良さは

決まってくるのでは

ないでしょうか。

 

 

もし、ジャックが貴族で、

何でもできてしまう男なら、

 

 

ローズはずっときれいな格好で

ただただジャックが

迎えに来てくれるのを

 

 

部屋で待ち続けていた

だけかもしれません。

 

 

ずぶ濡れになって、

死んでもいいから

愛する者の元へ行く、

 

  

この感情と行動が

ディカプリオを

世界一のモテ男に

したのでしょう。

 

 

耳をすませば」でも

相手役の聖司(せいじ)くん

がカッコ良く見えたのも、

 

 

ヒロインの雫(しずく)ちゃんの

気持ちや行動を

見たからこそ、

 

 

聖司(せいじ)くん本人だけでは

引き出せない

 

 

「カッコ良さ」

 

 

があったのかもしれません。

 

 

君に届け」の相手役の

 

 

風早(かぜはや)くん、

 

  

彼は性格が良く、人気者で、

言ってみればマンガの

男性キャラとしては

  

 

そこまでひいでた特徴は

ありません。

 

  

しかし、 全国の読者、視聴者が

みんな二人の恋を

応援してしまったのは、

 

 

 

ヒロインの

 

  

黒沼爽子(くろぬま・さわこ)

  

 

の純粋な気持ちや

健気な行動を見たからこそ、

 

  

相手役の風早くんも引き立った

のではないでしょうか。

 

  

まとめ

今回、

タイタニック×マンガ

で学んだこと、

 

  

それは、

 

  

カッコいい男性キャラが

描きたければ、

 

  

ヒロインの気持ちと

行動をしっかり

描くこと!

 

 

でした。

 

 

デビュー目指して頑張ります!